保険ステーション|代表挨拶
代表挨拶

代表挨拶

保険ステーションはみなさまの明日を
大切にする総合保険代理店です。

保険ステーションのWEBサイトをご覧頂きありがとうございます。
代表取締役の中田です。
私たち保険ステーションのスタッフは、皆同じミッションを持って行動しています。
それは、
「傾聴力」「創造力」「翻訳力」
この三つこそ、保険ステーションのスタッフ全員が、企業理念として何よりも大切にしていることです。

「傾聴力」とは、お客さまとしっかり向き合って、相手の意向を聴くこと。

「創造力」とは、保険商品を売り込むのではなく、「考え方」をお伝えする。お客様自身が気づいていない「保険価値」をご提案し、ご理解いただくこと。

「翻訳力」とは、私たちが「保険内容を要約して分かりやすく伝える」ことはもちろんのこと、お客様ご自身が保険内容をご理解頂く為のお手伝いとして「保険の内容を読み解くコツ」をお伝えすること。

さらに、このミッションを実行するための行動指針は
「何事も手間を惜しまず、丁寧な行動を意識する。」
「何事も興味・感心を持ちセンスを磨くことを意識する。」
「深い理解力と伝えるチカラの両立を意識する。」

この企業理念・行動指針をもとに、保険商品という無形の商品を、わかりやすくご提供し、ご納得いただくのが当社の目的であり、ミッションと考えております。

保険証券やパンフレット、見積書を見ても、いまいちピンとこない…
本当に必要なのか?本当に自分に合っている保険なのか?

カタチが見えない保険商品が「ピンとこない」「難しい」と言われる原因は、私たち営業スタッフの「翻訳力と伝え方」とお客様ご自身の「納得度(理解度)」に関係があると私たちは考えています。

たとえ、社会情勢の変化にともない保険のあり方が変わったとしても、保険ステーションは、唯一不変に考え方がブレません。

保険の「商品」を売るのではなく、保険の「考え方」をご理解、ご納得頂いた上でご加入いただく。

これが「保険ステーション スタンダード」です。

保険ステーションがみなさまにとって、「スタンダード」な相談相手となり、末永いおつきあいができる会社であり続けるよう、努力してまいります。

代表取締役社長
代表挨拶サイン